アナログ絵・デジタル絵の違い(描き方紹介)

ねこまさむね
この記事は約5分で読めます。

私ははじめは、紙にシャープペンシルで下絵を描き、水彩色鉛筆で塗る完全アナログ絵でした。

現在もデジタル絵初心者のため、下描きはシャープペンシルのアナログ、本番線画と色塗りはスマホにibisPaintXというデジタル絵用のアプリを入れて描いています。

ちょっと特殊かもしれませんが、参考になれば幸いです。

※イラスト:がーおがさん

アナログ絵

必要なものは、描く人と描く場所と色を付けるもの。

これがあればどこででもすぐに始められます。

私の場合は、主にスケッチブック(中性紙の画用紙)にシャープペンシル(HB)で

描いています。

絵を描き始めた当初、色塗りは色鉛筆か水彩色鉛筆とすべてアナログ描きだったので、

この紙質(上質な中性紙)が合っています。

厚さも何種類かありますが、おおよその描画材(鉛筆やペン)に合うと思います。

とりあえずこれから始めたらよいでしょう。

ただ厚さや紙の凸凹(しぼ加工)の違いで鉛筆・水彩色鉛筆・水彩絵の具・パステル・ペン(コピック)など描く画材によっては多少引っ掛かりやけば立ち、滑りが変わってくるので、こだわる方は別の専用用紙を選ぶのも有りです。

参考までに、絵描き向きの紙と特徴を簡単に記しておきます。

  • 画仙紙・・・にじみを活かし墨・顔彩に向く。水墨画や絵手紙に用いられる。
  • クロッキー用紙・・・薄いけどわりと強いので鉛筆・コンテ・木炭向き。たくさん描く練習・ラフ画・アイデア帳などに用いる。
  • ケント紙・・・滑らかで強度もあるためペン・マーカー(コピック)に向く。まんが・イラストや製図・ポスターに用いる。
  • 水彩紙・・・水含みがよくヨレにくく発色が良いので水彩絵の具に向く。水彩絵の具の透明感を出しやすく、にじみ・ぼかしも自在なため水彩画に用いられる。
  • 中性紙(いわゆる画用紙)・・・ほぼ万能。初心者におすすめ。但し水彩鉛筆・絵の具で塗るとヨレる。
  • 木炭紙・・・凸凹ざらざらしているため木炭向き。デッサンに用いられる。

描画材(ペン)については割愛。

まずは普段使い慣れている鉛筆・シャープペンシル・ボールペン・フェルトペンなどで始めるのが一番。

大切なことは、まず描いてみようという気持ちです。

1つだけ秘密を教えますと、鉛筆やシャープペンシルで描くと上手に見えます。

何度も線を重ねるとなぜか上手く見えます。秘密ですよ。

デジタル絵

デジタル絵を描くときに必要なものは、スマートフォンまたはペンタブレット(ペンタブ・板タブ)または液晶タブレット(液タブ)と、絵を描くためのアプリケーションソフトウェア(とパソコン)です。

スマホだと指で描くことも可能ですが、細かく描ける専用のペンを使うことをお勧めします。

スマホ

詳しい説明は割愛しますが、初心者はここから試してみては。

スマホで使える無料アプリケーションソフトを入れれば、今すぐ始めることができます。

ペンタブレット(ペンタブ・板タブ)

ペンタブレット(板タブ)は液晶タブレットに比べてお手頃です。

数千円から1万円台で良いものがあります。もちろんもっと高価なものも。

見た目は薄いパレットです。

ただし、この場合、アプリを入れて且つ映し出すパソコン(モニター)がないと使えません。

手元は見ずパソコンのモニターを見ながら絵を描きます。

液晶タブレット(液タブ)

2万円台のお手頃価格のものから数十万円のプロ仕様まで様々。

こちらは液晶モニターがついているので手元を見ながら描くことができます。

但し、こちらもアプリケーションソフトとパソコンまたはスマホが必要です。

単体で使えるものもありますが、高価です。

タッチペン

イラスト用のタッチペンがあります。

スマホで描いている私のお勧めは100円均一で売っている円状ディスク付きペン。

他にもペン先が5mmくらいの金属のボール状のもの(約2000円)や、ペン先が2mmくらいのボールペン状のもの(約3000円)を試しましたが、100円均一のディスク付きペンが私には一番合っていました。

このペンは本当に描きやすいです。

強いて言えば壊れやすいので、何本かまとめ買いしておくことをお勧めします。

アプリケーションソフト

これも無料のものからプロ仕様の有料のものまでたくさんあります。

私はスマホに無料のアプリ ibisPaintX(アイビスペイントエックス) をダウンロードして使っています。

他のアプリ・ソフトとしては、MediBang Paint(メディバン)、CLIP STUDIO PAINT(クリスタ)、Procreate(プロクリ)などがあります。

もしお使いのパソコンにpaintやadobeのPhotoshopが入っているならそのまま使ってみるのもお勧めです。

デジタル絵の描き方

私もまだ初心者なので、あまり教えられませんが、とても簡単に書くと、デジタル絵は『レイヤー』という透明な紙を何枚も重ねて絵を描いていきます。

基本的にはまず1枚線画(塗り絵の塗る前の状態)を作ります。これを一番上にします。

その下に背景で1枚、顔の肌色で1枚、瞳の色で1枚、髪の色で1枚というように重ねていきます。

本当は肌の色だけで一番光が当たる箇所、血管が透けて見える箇所、その次に明るい箇所、陰になる箇所、とても暗い箇所、普通の箇所と何枚も必要ですが、私は大雑把に肌の色と、瞳、髪、服、背景で数枚くらいしか作りません。

人によっては色だけでなく、顔などのパーツごとレイヤーを分ける方もいます。

どの色のレイヤーを上に持ってくるかで見え方も変わります。

またレイヤーにも種類があり、普通は塗ったままの色が出るのですが、発光しているように見せるレイヤー、明暗をはっきりさせるレイヤーなど特殊効果を出してくれるものもあります。

お手本と決めた先生の本やYouTubeの説明を聞きつつ、自分なりの個性を出してください。

超個人的なデジタル絵の描き方

少しだけ私の場合を書いておきます。

普通はすべてデジタルでラフ画→下描き→線画を描いて、色塗りが本番という方が多いと思います。

私の場合、デジタルでラフ画→下描き→線画がすごく苦手です。

そのため、アナログでラフ画→下描きで10割くらい描き込み、それを画像取り込み→トレースして線画を完成させます。

するとクオリティが7割くらいに落ちてしまうので、色塗りをして残りの3割を底上げしています。

今のやり方だと、非常に時間がかかり、効率が悪い。全てデジタルで描き、色塗りの技術を磨き、飽きずに完成させること。

これが目下の私の課題です。

👇下のコメント欄に、お気軽にコメントお願いします🙇🏻‍♀️💦

 



MIMMIXは、人気ブログランキングにほんブログ村ログ王ランキングの3つのブログランキングサイトに登録して、日々ランキングを競っています‼️✊😆
みなさまの応援(愛のクリック)が即ランキングに響きます❣️✊😤💢
応援よろしくお願いします🙇🏻‍♀️

タイトルとURLをコピーしました