天然やなあ。。と天然の僕に思わせる女性(その2)

THE UNCLEMAN
この記事は約2分で読めます。

前回書いたアクセサリーは数珠という天然女子ですが、2人でクライアントのところへ打ち合わせに行った帰りのことでした。

少し早めに打ち合わせが終わったので、ちょっとコーヒーでも飲んで帰社するか・・とカフェに入りました。

ボクは壁側の長いソファー的なところに腰を掛け、彼女はテーブルを挟んで、一人用の椅子に。

しかし荷物を置く場所がなく、彼女は営業用の大きなバッグをどこに置こうか迷っていたのですが、ボクの座ってるソファーは置けそうだったので、


ボク
「オレの横に置いてええで。」
と言うと、なぜか彼女はモジモジしながら・・・・

彼女
「ハイ・・・・」
と言って、立ち上がり、バッグを自分の座ってた椅子に置き、僕のほうに歩いてきて・・・・・・


僕の横にピタっとくっついて腰をおろして頬を赤らめる。。。。。

ボク
「な・・・・なにしてんの!?」


彼女
「え、、、横においでって・・・・・」


ボク
「いや、、、に・・・荷物を置いてええでって言ってんけど。。。。。」



彼女
・・・・・・・・・・!?

「イヤーーー!!! 
ハズカシーーーーッ!!!」



こっちが恥ずかしいわっ!!!
オレはセクハラオヤジかっ!!!


※どうも「オレの横に置いてええで。」と言ったのを、
「オレの横においで。ええで。」と聞こえたらしい。。。。。


そんなセリフ、言うかーっ!!汗))

👇下のコメント欄に、お気軽にコメントお願いします🙇🏻‍♀️💦

 



MIMMIXは、人気ブログランキングにほんブログ村ログ王ランキングの3つのブログランキングサイトに登録して、日々ランキングを競っています‼️✊😆
みなさまの応援(愛のクリック)が即ランキングに響きます❣️✊😤💢
応援よろしくお願いします🙇🏻‍♀️

タイトルとURLをコピーしました