先輩は32

THE UNCLEMAN
この記事は約2分で読めます。

前々職のころなので、僕がまだ20代のころです。

体育会系の僕たちの会社の部署は、仕事中であろうと休日であろうと、

「ひとつ年上は神様」という厳しい上下関係。

よくそんな中でダラっとした僕が10年もやっていたなあ。。と不思議ですが・・・

そんなある日、休日だったと思うのですが、会社の先輩と二人でいました。
暑苦しい男同士、休日でなにもすることがなく、ダラダラしていると、


先輩
「おい!!今日はオレの誕生日やぞ!なんでお前と暑苦しい男二人でおんねんっ!!」

ボク
「あ!おめでとうございますっ!!」

先輩
「おめでとうとちゃうやろ!なんか足りひんやろ!!」

ボク
「え!?なんですか?」

先輩
「ケーキやケーキ!!こんなときは先輩の為にケーキ、サプライズであるんちゃうんかい!!」

ボク
「いや、、、なにも用意してないです。。。」

先輩
「今から買ってこーいっっっ!!」

ボク
「はいーっ!!!!!(汗)」

と、ボクは嫌々ながらケーキ屋さんへ。。。


お店のお姉さん
「いらっしゃいませ~♪」

ボク
「あの~、、誕生日ケーキってありますか?」

お姉さん
「こちら(ガラスケース)がバースデイケーキです♪」

ボク
「じゃあ、これいただけますか?」

お姉さん
「かしこまりました♪お名前はどうしましょう?」
(板チョコの部分を指で指しながら)

ボク
「あ、じゃあ”カズフミ”(仮名)で。。。」

お姉さんが、ちょっと不思議そうな表情。。。

あ、、そっち系と思われたかな。。。汗))

ケーキ屋さんで同性の名前言うのってこんなに恥ずかしいんや。。。
でも、お姉さんはすぐに笑顔になったので、ホッ。。。。
たぶん、お子さんのケーキと思ってくれたのでしょう。助かった~♪

お姉さん
「ではロウソクはいくつ付けましょう♪」


えぇっ!?・・・・・・・
どうするボク!!!!


汗タラタラ。。。。

ドクッ ドクッ ドクッ・・・(心臓の音)


ボク
「さ・・・・三十二本で。。。。。」

お姉さん
「さ・・・三十二本・・・・ですか??」

これはこれでなんか恥ずかしく、
いまだにあのお姉さんの驚いた顔が忘れられません。。。

👇下のコメント欄に、お気軽にコメントお願いします🙇🏻‍♀️💦

 



MIMMIXは、人気ブログランキングにほんブログ村ログ王ランキングの3つのブログランキングサイトに登録して、日々ランキングを競っています‼️✊😆
みなさまの応援(愛のクリック)が即ランキングに響きます❣️✊😤💢
応援よろしくお願いします🙇🏻‍♀️

タイトルとURLをコピーしました