逃げる千尋に、追う鬼滅。仁義なきトップ争いを制するのは!?

千と千尋の神隠し対鬼滅の刃ハイタツマン
この記事は約2分で読めます。

公開中の劇場版「鬼滅の刃・無限列車編」の興行収入が13日までに300億円を超え、ついに歴代1位の更新が迫ってきました。

そんな折、16日に配給元の東宝より突如として現在1位の座にある「千と千尋の神隠し」の興行収入が308億円から316億8000万円に8億8千万円(今夏の再上映分の加算)も上積みされたとの発表が!

このタイミングでの発表に、世間の反応は「鬼滅に抜かれそうになったジブリが数字を上積みした」との見方が大勢を占めていますが、東宝によれば再上映等による修正発表は毎年のことで、タイミングはたまたまとのことでした。

ネット上では、たった二カ月の再上映で8億円以上も売り上げた「千と千尋の神隠し」の凄さをあらためて称賛する声が多く上がる一方、そもそも「再上映分の興収の加算」はジブリしか行っておらず(※「君の名は。」や「名探偵コナン」などは再上映しても加算されていない)、興収記録の定義そのものが曖昧であるという問題点の指摘も出てきているようです。

確かに再上映するたびにジブリ作品だけ加算していたら、理論的にはいずれ1位以外のランキングも全てジブリ作品になってしまいますよね。💦

やはり、興収は公開当時の数字に限り、再上映分は〝備考〝に留めるのがフェアで分かりやすいのではないでしょうか?

千と千尋の世界観も、鬼滅のアツい仇討ちストーリーも、どちらも素晴らしい作品なだけに、互いのファンが作品を叩きあうといった悲しい状況にはなってほしくないものです。

果たして「鬼滅の刃・無限列車編」は加算後の数字である316億円をも抜き去り、映画史のトップにその名を刻むのか…注目したいと思います。

👇下のコメント欄に、お気軽にコメントお願いします🙇🏻‍♀️💦

 



MIMMIXは、人気ブログランキングにほんブログ村ログ王ランキングの3つのブログランキングサイトに登録して、日々ランキングを競っています‼️✊😆
みなさまの応援(愛のクリック)が即ランキングに響きます❣️✊😤💢
応援よろしくお願いします🙇🏻‍♀️

タイトルとURLをコピーしました