🎬⑤淵に立つ

風鈴

女って雰囲気に流されて関係持っちゃうんですよね。本当アカンなぁ。好きだと言われてフラフラ揺れ動いちゃう。ダメだとわかっていても。最近の女性たちは強いから、そんなことも無いのかなぁ。でも、その頼りなさ気なところが魅力なのかなぁと思いつつ。

最近、巷では「清純派ビッチ」なんて言うみたいですけど。昔からこういう女いますよね。男に言い寄られてそのたびに関係持っちゃう女。でも、しょうがないんです。本人は大マジメに男と付き合ってるんです、本当に。側からすると、アッチもコッチも手をつけてるみたいに見えますが。この人が運命の男かもしれないと思ってるのに、違ってるからまた他の男に行くんです。なかなか見つからないですけどね笑。

Amazon.co.jp: 淵に立つを観る | Prime Video
郊外で小さな金属加工工場を営みながら平穏な暮らしを送っていた夫婦とその娘の前に、夫の旧い知人である前科者の男が現われる。奇妙な共同生活を送りはじめる彼らだったが、やがて男は残酷な爪痕を残して姿を消す。8年後、夫婦は皮肉な巡り合わせにより、男の消息がつかめそうになる。しかし、そのことによって夫婦は再び己の心の闇と対峙し、...

あらすじ

町工場を営む利雄は、妻子との会話はあまりないもののとくに波風の立たない穏やかな家庭を有していた。そこにある日、利雄の古い友人である八坂が現われる。前科をもつ八坂は出獄して間もない身の上であり、その身を案じる利雄はさっそく自宅の一室を彼のために貸すのだった。突然のことに動揺する妻・章江も八坂の人当たりの良さと誠実さに好感をもった。通っている教会での演奏会のためオルガン練習に余念のない娘・蛍も、演奏に長けアドバイスしてくれる八坂になついてゆくのだった。すっかり家族同然になった八坂は、あるとき章江に殺人を犯したことを告白するが、すでに彼に揺るぎない信頼を寄せていた章江にとっては、むしろ八坂への感情が愛情に変わるきっかけとなるばかりであった。家族が八坂を核として動き始めた実感を得たとき、彼による暴挙は始まった。すべてを目の当たりにし狼狽する利雄をおいて、八坂はつむじ風のように暴れ、そして去っていった。

8年の月日が流れた。町工場は平穏を取り戻してはいたが、家族には言い知れぬ痛みを伴う傷跡が残されていた。皆のため失踪した八坂を探させる利雄ではあったが、時の流れがいつしか諦めの気持ちを彼に抱かせていた。利雄の工場ではといえば、勤めていた青年・設楽の退職に伴い後継者として孝司という若者が出入りするようになっていた。熱意をもつ孝司は好意的に迎えられていたが、ふとしたことから利雄に、自分の父親が八坂であることを洩らす。孤児であり父親の記憶はない、と弁明する彼だったが、家族の忌まわしい記憶を掘り起こさせるには十分であった。八坂と自分にまつわる秘密を利雄は明らかにするが、もはやそれは遅すぎた告白であった。探偵の調査の結果撮影された、八坂とおぼしき写真をたよりに家族は地方へと旅立つ。その旅路の果てに待つものは何かを、家族たちは祈るような気持ちをこめて注視し続けた。

wikipedia
Amazon.co.jp: 淵に立つを観る | Prime Video
郊外で小さな金属加工工場を営みながら平穏な暮らしを送っていた夫婦とその娘の前に、夫の旧い知人である前科者の男が現われる。奇妙な共同生活を送りはじめる彼らだったが、やがて男は残酷な爪痕を残して姿を消す。8年後、夫婦は皮肉な巡り合わせにより、男の消息がつかめそうになる。しかし、そのことによって夫婦は再び己の心の闇と対峙し、...

人生の最後に思い浮かべる人

普通の小さな町工場の夫婦と娘一人の家に、人を殺した前科のある男がやってくる。男は夫の知り合いで、しばらく住み込みで働くという。普通の生活は、他人を含めた違和感のある生活に変わっていく。ところが、しばらくすると男はここでの生活にすっかりなじみ、違和感のある生活は、男を含めた普通の生活になっていく。男がここでの生活になじんでいくと共に、妻は男と惹かれ合い、関係が少しずつ進んでいく。

ある時、男が妻を手込めにしようとするが、妻は拒否する。そのことによって男は逆上し夫婦の娘を襲い、娘は脳を損傷し、それ以来、車椅子の生活を余儀なくされる。

実は男が人を殺した時、共犯者がいて、その共犯者は夫だった。男は夫が罪に問われず、普通の生活を送っていることが不満であった。きっかけは妻に拒否された事だったが、根底には夫への恨みと妬みがあったのではないかと思われる。

8年後、男の息子が父親である男の足跡を辿り、男がこの家族に何をしたかを知らずに、この町工場で働き始める。真面目で心優しい青年だが、父親である男の影がチラついて、夫婦は何かと息子である彼に当たってしまう。

ある日、夫婦は男の息子を誘い、男が今住んでいると思われる場所に向かう。結局、男は見つからず、帰ろうとするが、妻と娘がいない。妻は車中でうたた寝している時に娘と「淵に立つ」夢を見る。そして、衝動的に娘と共に橋から飛び降りる。

妻が飛び降りる直前、最後に幻覚を見たのは「淵に立つ」男の姿。

人は「淵に立つ」時、誰を思い浮かべるのだろう。それは家族だったり、恋人だったり、子供だったりするのだろうか。

人生の最後に思い浮かべるのは誰なのだろう。

愛してたんだろうなぁ、きっと。。。私も最後に思い浮かべる男、探そう。。。涙涙。

Amazon.co.jp: 淵に立つを観る | Prime Video
郊外で小さな金属加工工場を営みながら平穏な暮らしを送っていた夫婦とその娘の前に、夫の旧い知人である前科者の男が現われる。奇妙な共同生活を送りはじめる彼らだったが、やがて男は残酷な爪痕を残して姿を消す。8年後、夫婦は皮肉な巡り合わせにより、男の消息がつかめそうになる。しかし、そのことによって夫婦は再び己の心の闇と対峙し、...

👇下のコメント欄に、お気軽にコメントお願いします🙇🏻‍♀️💦

 



MIMMIXは、人気ブログランキング・にほんブログ村・ブログ王ランキングの3つのブログランキングサイトに登録して、日々ランキングを競っています‼️✊😆
みなさまの応援(愛のクリック)が即ランキングに響きます❣️✊😤💢
応援よろしくお願いします🙇🏻‍♀️

タイトルとURLをコピーしました